スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

信州の山々を抜けて富山から金沢へ

木曽~開田高原~野麦峠~安房峠~奥飛騨~有峰林道~富山~金沢~白川~高山~平湯温泉~安房峠~野麦峠~開田高原~木曽

開田高原から有峰林道あたりまでの道は景色も良くて涼しくて特に素晴らしかった。
ただ無理矢理な行程と標高のない場所での猛暑でグッタリ。

5

9

6

17

8

16

7

1

12

2

10

13

15

3

4

14

11

スポンサーサイト
2015-07-29(Wed)
 

RSで1200キロ走った感想

1

初回点検も終わってさらに200キロほど走り、ある程度は新車の縛りもなくなってきたので、今の時点でのRSの印象を。
あくまで主観ですし、自分の場合は前車が大柄なR1200GS-LCなので、ちょっと他の方々とは印象が違うかもしれませんが、個人的な意見としてシンプルに良し悪しを。


⭕️良い点
①ボクサーツインの車両としてはかなりコンパクトで取り回しが楽。
特にGSから乗り替えるとエンジンが同じとは思えないほど軽くて小さく感じます。このコンパクトさなら国産車などからの乗り換えでもさほど大きな違和感はないのでは。跨って下を見るとボクサーエンジンのヘッドが両側に飛び出してるのが最初は違和感でしょうけど。
GSからの乗り換えなのでハンドル幅が全然違ってスリ抜けは割りとしやすいですね。UターンなんかはGSのほうがハンドル切れますからいいですけどね。

②最新の水冷ボクサーはメカノイズが明らかに少ない。
初期の水冷ボクサーのGSに乗ってましたから当たり前とも言えるんですが、エンジンの見た目はまったく同じですが、BMWではいろいろ改良してるんでしょうね。初期の水冷エンジンと比べると明らかにアイドリング時のカタカタとかカチカチっていうメカノイズが少ないです。初期の水冷と比べてフライホイールが若干重くなってるみたいですし、エンジン特性も変えてあるみたいなので、見た目は同じでも乗りくらべてみるとなんとなく穏やかでスムーズで初期型と違う感じがします。
特に初期の水冷のGSはフライホイールが軽くてアクセルのレスポンスも良かったので、まだ上までエンジン回してないのですがRSは乗っていたGSに比べて滑らかさが際立っている気がしますね。

③テレスコピックになったフロントに思っていたほどの劇的な違和感はない。
今まで乗り継いできたBMWの中でRSは初めてフロントサスペンションがテレスコになったんですけど、コーナリングもブレーキングもテレレバーやデュオレバーとは違うなぁって感触はあるんですが、それが予想していたほど極端に悪いほうには変わってないなっていうのが素人的な単純な印象です。
コーナリング中に大きめの段差があったりすると、テレスコはデュオレバーなんかより段差を処理しきれてない感じはしますね。
走行中の何が違うとか細かい部分までは正直よくわかりませんけど、既存のBMWユーザーが乗りかえてもなるべく大きな違和感を感じさせないように意図的に仕上げてるような気がします。フロントが軽くなってるのは確かだと思うんですけどね。
でもテレレバーとデュオレバーは素晴らしかったので残してもらいたかった部分でもあります。

④値段が安い。
安いと言うと語弊がありますけど、今までのBMWと比べてこの装備内容でこの値段ならお得じゃないかということです。
いつもお世話になってるディーラーの方も言ってましたけど、ディーラーの人たちも値段と装備が発表された時は安さにかなり驚いたみたいです。
本来オプション扱いの最新の電子制御などが最初からフル装備で付いてきて車両価格が189万は安い。発売前は210万前後かなぁと予想してたんですけどね・・・安いけど高いです・・・。
なんとなく今回のRSの販売戦略は今までの車両と違う感じですね。ある程度の薄利多売を覚悟して新規顧客の増加を狙ってるのかな。でもその割には車両のバックオーダーがとんでもなく多いみたいですけど。
ちなみに真相は分かりませんけど、6月の時点では今注文しても納車は9月ごろとかって聞いたような気がします。
もしかするともう今年の日本入荷分は終わってしまってるのかな。


❌悪い点
悪いというとあれですが、ちょっとここは改善して欲しいなってところをあくまで個人的な意見として。

①メーターがちょっと分かりにくい。
個人の好みや慣れの問題もあるんですけど、ひとつはバータイプのタコメーターがどうしても見ずらいです。
写真は同じメーターのR1200Rのものですが、表示が細かくてなんかゴチャゴチャしてるのと、左から右方向へバーが伸びていくタイプのタコメーターがどうにも慣れません。せめてタコだけ色分けされてるとか、もっと目立つ感じだと嬉しかった。
古い人間なんで、やっぱりタコはアナログがいいんですよねぇ。これスピードとタコ逆で良かったんじゃねーのってメーターを見るたびにいつも思います。
ちなみにこのメーターのせめてもの救いは、メーターの表示デザインをボタンひとつで3種類から選べることなんですよね。
どこかから写真勝手に拝借しちゃったんですけど、下の写真上側に出てるのがデフォルト的な感じでもう一つはタコのバーをもっと大きめにして回転数も数字で表して、その分他の部分の情報を少なくしたスポーツタイプの表示(下の写真下側)と、あと一つはタコの表示が一切なくてスピードが数字で大きく表示されるやつ。(写真なし)
なので自分はスポーツタイプの表示しかほとんど使ってません。特に慣らし中は回転数に気を使うので、数字でも表示されるスポーツタイプはありがたかったです。ほとんど数字部分しか見ていませんでしたから。
個人的にタコが一切表示されずにスピードの表示しか出ない3番目のタイプは全くいらない気がするんだけど。スピードはアナログ側に出てるんだし、軽トラじゃないんだから回転数がどこにも出てないってそんなのイヤ。
R1200Rも含めた他のオーナーさんも同じような意見の方がいらっしゃると思うのですがどうなんでしょ。
1


②ライトが暗い(特にGSと比べちゃうと)
実際にはそんなに暗くはないのかもしれませんけど、GSのLEDライトを経験済みだとどうしても暗く感じてしまいます。
ていうかGSなど他車種ですでにLEDライトの技術を使ってるのになぜRSは普通のハロゲンなのかが疑問です。
とりあえず今はこのままですけど、今後HIDかなんかのキットが出たら思わず換えてしまうかもしれません。
2

③テールランプがちょっと小さくて奥にある感じなので、後続車の追突が若干気になる。
実際に後続車として見たことはないのですが、テールランプがトップケース下のステー部分に若干隠れ気味でテールランプ自体もわりと小さいので、特にダンプとかトラックみたいな高さのある運転席からの視認性はどうなのかなと。
重要な安全装置ですから当然その辺りは考えてあるんでしょうしLEDなのでランプの照度自体は問題ないんでしょうけど。
1


まぁ、今の時点で思いつくところというとこんな感じでしょうか。1200キロくらいしか走ってないのでまだまだこれからですしね。
簡単に言うと、車体そのままでメーターとライトはGSのが付いてたら完璧だったって感じです。贅沢ですね。
しばらくラインナップから外れていたRSの復活はとても嬉しく、このモデルもRSの名に恥じないモデルだと思います。
これから相当な数が売れていくのは間違いないですね。なんといってもボクサーエンジンなのに昔のと違って取っつき易いですもん。
GSの王座は相変わらず揺らがないと思いますけどね。

あくまでもブログでの個人的な意見として読んでいただき、コイツ好き勝手なこと言ってるなぁくらいでお願いします(笑)
3
2015-07-17(Fri)
 

R1200RSにハイシート装着

1

アップするのすっかり忘れてたけど、注文してたハイシートが納車二日後に届いたので交換した。
R1200RSは発売されたばかりで納車されてる車両もまだまだ少ないらしく、これから購入予定の方に少しでも参考になれば幸いです。
R1200RSのシートは4種類あって、水冷のR1200Rとまるっきり共通。

①のスポーツシートが一番高さがあって840ミリ
②のハイシートが820ミリ
③のローシートが790ミリ
④の日本標準仕様のエクストラローシートが760ミリとなってますね。

個人的な意見ですが、ハッキリ言って今回の日本仕様のシートはあまりにも低すぎです。
日本人の足の短さを心配してくれるのはいいが、いくらなんでもそこまで低くしなくていいだろう。
せめて790ならまだなんとか許容レベルだけど、760はないわぁ。

自分の場合はR1200RSが発売されるずいぶん前からすでに車両を予約していたので、契約時点ではまだ試乗車も展示車もなく、写真で判断するしかなかったのでかなり迷いましたよ。
ハイかローの2種類しかないっていうなら迷わずハイを契約時点で一緒に注文してたんだけど、何しろ4種類もあるので困った。日本仕様が低すぎるのは写真でも分かりきってたので、日本仕様以外のどれかって感じだったんだけど。
跨った時のシートの高さとか感触って意外と重要なんですよね。
なのでシートは試乗車が来てから跨らせてもらって決めようってことで、後回しにしました。

んで6月5日にR1200RSが発売になって、ディーラーさんで試乗車が用意できてシートもスポーツ以外は揃ってるっていうんで下取りのGSを渡すついでに跨りに行きました。
正直一番高さがあるスポーツシートがなかったのは痛かったけど、シートの注文が全国からバンバン来てるらしく、早くしないと納期がかなりかかってしまうとのことで、スポーツ以外の3種類に跨って820ミリのハイシートに決めました。

シートって高さが変わるといろんな影響があって、やっぱり実際に跨ってみないとわかんないもんです。
高さが変わると、例えば足つきが違うのは当たり前ですが、お尻のクッション性とか膝の曲がり具合とかハンドルまでの距離とか上半身の風の当たり具合とかその他諸々。

ちなみに自分の場合は身長が180越えなので、実際選択肢はハイかスポーツかって感じでした。
正直GSの日本標準が850ミリシートなので、高さだけでいえば840のスポーツでも全然良かったんですが、実際の感触が確かめられない中で急ぎで決めたので体験済みで安心な820のハイにしました。
あとはスポーツよりもハイのほうがたぶん入荷も早いですよっていう話も聞いてたので。

とりあえず今はハイで満足しています。上半身の位置が高くなったぶんだけヘルメットへの風の当たりが少し多くなったので、高速とか走行中の風切り音が大きくなったのは間違いないですけど膝もお尻も楽だし、それでいて足つきにも不安はないですし。少なくともGSの足つきと比べれば体感的にもかなり低いです。
本国ドイツではハイが標準みたいな感じらしいので、これがR1200RSの本来の形なんだなぁっていう満足感もありますし。

お前の身長なら当たり前だって声が聞こえてきそうですが、個人的な想像としては身長が170以上の方ならハイ以上の選択でもアリだと思います。
ハイシートでも両足ベッタリで膝も少し曲がるくらいなので、RSはシート高の数字よりも体感的には低く感じるような気がします。
ですので日本仕様の760ミリがいかに低すぎかですよね。
全国でハイやスポーツシートの注文が殺到しているのも分かります。
憶測ですけど、今回は新規顧客を獲得するべく、身長の低い人でもとっつきやすい印象を与えるように特に低く設定したんでしょうけど、ちょっとこれはやりすぎですね。
今まで9台のBMWに乗り継いで、いくつかはシート交換なんかもしてますけど、こんなに極端にシート設定がおかしい日本仕様は初めてです。
まぁ何はともあれ、恐らくどこのBMWディーラーさんでもオプションシートの要望がかなり多いはずなので、試乗車にもシートが各種用意してあると思いますから実際に体感して色々なシートを試してみることをオススメします。
3


2015-07-14(Tue)
 
アクセス
プロフィール

おおくぼ

Author:おおくぼ
BMWのR1200RSに乗っています。

初期のブログ「MC放浪記K1200S編」はうっかり消してしまいました(^^;

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。