スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

hellaソケット装着

RTには純正で2箇所ヘラーソケットがあるんだけど、結局K1300Sなんかと一緒で合計で5アンペアまでの制限があるし、キーをオフにするとカットされてしまい、バッテリー上がり防止の充電用にも使えない。だからいつもの恒例行事としてバッテリー直のソケットを装着した。

今までのようにソケットとスイッチを外に付けて、自分でオンオフできるようにしようかと思ったけど、車体をグルッと見回してもちょうどいい装着場所が見つからない。車体のどこかに穴を開けるとかの加工はしたくなかったし、スイッチを使うような場面はめったにないので、今回はとりあえずの暫定措置としてスイッチなしでシート下に電源を作ることにした。

K1200S時代から付けてたソケットはまだ使えるけど、せっかくなのでこの機会にコードとソケットを新品に。バッテリーコードとソケットは電熱ヒーターで有名なガービング製をネットで購入。ステーは前のままだから黒の塗装が剥げてるけど、見えるとこじゃないからいいや。
1

今回はスイッチもないし、ただ単にバッ直のソケットを売ってるまま付けただけだから10分ほどで取り回しまで全部終わった。ネジ穴もなぜかここに付けてくれと言わんばかりにあったので、ステーの位置決めも即決だった。
RTはシート下のスペースがけっこうあるから、この位置でもシートに干渉しない。
2

これで長く乗らない期間があってもバッテリーの充電が簡単にできるし、5Aに制限されずに電源も使えるようになった。
3
2010-10-26(Tue)
 
アクセス
プロフィール

おおくぼ

Author:おおくぼ
BMWのR1200RSに乗っています。

初期のブログ「MC放浪記K1200S編」はうっかり消してしまいました(^^;

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。