スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

消えてくれない油圧警告灯

今日は朝一からDラーへ。↓奥のマネキンの足はあれでいいのか?(笑)隣の赤いのも思いっきり下だけ見てるけど(笑)
1218001


こないだマイスターに見てもらっていた油圧警告灯の異常を直しに今日Dラーに行ったのだが、どうにも警告灯が消えてくれない。

まずは故障として有りがちなオイルプレッシャーのスイッチを交換してもダメ。第2の対策としてコントロールユニットのプログラムを最新版にアップデートしてもダメで、さすがのマイスターも困った様子。
ここまで油圧警告灯に異常が出る症例はそうとうレアらしく、全国のディーラーの履歴にもないそうだ。だからきっと今回の自分のK1300Sの症例と対策がこれから教材として全国で使われるんだろうな(苦笑)

とりあえず自分の中ではスイッチの故障だと思い込んでいたし、実際走ってて違和感を感じることは全くなかったので、確実に今日直ると踏んでいたからショックは隠しきれない。しかもランプが点き始めてから、もうかれこれ500キロくらいは走っちゃったし(苦笑)

なんなんだろうなぁ…。オイルの粘度の問題の可能性も指摘されたが、1000キロ点検で入れたのは普通にBMWの推奨オイルだし、たとえ別のオイルを使ってみて改善されたとしても、それは根本的な解決にはならないしね。ほとんどのK1300Sは推奨オイルで全く問題なく走ってるわけだから。

第2対策としてプログラムをアップデートした時なんて、終わってからしばらくアイドリングしてもランプは点かず、「もう大丈夫!」と思ってマイスターに見送られながら走り出そうとしてメーターをチラ見すると…「もうすでに点いてるじゃん!」ていうオチ…(汗)そのままピットにUターンでマイスターも自分もしばらく硬直した(涙)

ていう感じだったので、結局今日はもう諦めてK1300Sはそのまま入院させ、帰りは電車。定期点検で預けるまでは電車は使わないだろうと思ってたんだけどなぁ。しかも今日はけっこう寒くて極寒仕様のフル装備で行ったもんだから電車内で浮いちゃって浮いちゃって(苦笑)

師走のこの時期だし、もしかしたら年内には戻ってこないかも。ていうか取りに行ける日もほとんどないし。これが今年の走り納めになってしまうのか?凹むなぁ(涙)

頼むぜマイスター!!(号泣)
2009-12-18(Fri)
 
アクセス
プロフィール

おおくぼ

Author:おおくぼ
BMWのR1200RSに乗っています。

初期のブログ「MC放浪記K1200S編」はうっかり消してしまいました(^^;

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。