スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

R1200RSにハイシート装着

1

アップするのすっかり忘れてたけど、注文してたハイシートが納車二日後に届いたので交換した。
R1200RSは発売されたばかりで納車されてる車両もまだまだ少ないらしく、これから購入予定の方に少しでも参考になれば幸いです。
R1200RSのシートは4種類あって、水冷のR1200Rとまるっきり共通。

①のスポーツシートが一番高さがあって840ミリ
②のハイシートが820ミリ
③のローシートが790ミリ
④の日本標準仕様のエクストラローシートが760ミリとなってますね。

個人的な意見ですが、ハッキリ言って今回の日本仕様のシートはあまりにも低すぎです。
日本人の足の短さを心配してくれるのはいいが、いくらなんでもそこまで低くしなくていいだろう。
せめて790ならまだなんとか許容レベルだけど、760はないわぁ。

自分の場合はR1200RSが発売されるずいぶん前からすでに車両を予約していたので、契約時点ではまだ試乗車も展示車もなく、写真で判断するしかなかったのでかなり迷いましたよ。
ハイかローの2種類しかないっていうなら迷わずハイを契約時点で一緒に注文してたんだけど、何しろ4種類もあるので困った。日本仕様が低すぎるのは写真でも分かりきってたので、日本仕様以外のどれかって感じだったんだけど。
跨った時のシートの高さとか感触って意外と重要なんですよね。
なのでシートは試乗車が来てから跨らせてもらって決めようってことで、後回しにしました。

んで6月5日にR1200RSが発売になって、ディーラーさんで試乗車が用意できてシートもスポーツ以外は揃ってるっていうんで下取りのGSを渡すついでに跨りに行きました。
正直一番高さがあるスポーツシートがなかったのは痛かったけど、シートの注文が全国からバンバン来てるらしく、早くしないと納期がかなりかかってしまうとのことで、スポーツ以外の3種類に跨って820ミリのハイシートに決めました。

シートって高さが変わるといろんな影響があって、やっぱり実際に跨ってみないとわかんないもんです。
高さが変わると、例えば足つきが違うのは当たり前ですが、お尻のクッション性とか膝の曲がり具合とかハンドルまでの距離とか上半身の風の当たり具合とかその他諸々。

ちなみに自分の場合は身長が180越えなので、実際選択肢はハイかスポーツかって感じでした。
正直GSの日本標準が850ミリシートなので、高さだけでいえば840のスポーツでも全然良かったんですが、実際の感触が確かめられない中で急ぎで決めたので体験済みで安心な820のハイにしました。
あとはスポーツよりもハイのほうがたぶん入荷も早いですよっていう話も聞いてたので。

とりあえず今はハイで満足しています。上半身の位置が高くなったぶんだけヘルメットへの風の当たりが少し多くなったので、高速とか走行中の風切り音が大きくなったのは間違いないですけど膝もお尻も楽だし、それでいて足つきにも不安はないですし。少なくともGSの足つきと比べれば体感的にもかなり低いです。
本国ドイツではハイが標準みたいな感じらしいので、これがR1200RSの本来の形なんだなぁっていう満足感もありますし。

お前の身長なら当たり前だって声が聞こえてきそうですが、個人的な想像としては身長が170以上の方ならハイ以上の選択でもアリだと思います。
ハイシートでも両足ベッタリで膝も少し曲がるくらいなので、RSはシート高の数字よりも体感的には低く感じるような気がします。
ですので日本仕様の760ミリがいかに低すぎかですよね。
全国でハイやスポーツシートの注文が殺到しているのも分かります。
憶測ですけど、今回は新規顧客を獲得するべく、身長の低い人でもとっつきやすい印象を与えるように特に低く設定したんでしょうけど、ちょっとこれはやりすぎですね。
今まで9台のBMWに乗り継いで、いくつかはシート交換なんかもしてますけど、こんなに極端にシート設定がおかしい日本仕様は初めてです。
まぁ何はともあれ、恐らくどこのBMWディーラーさんでもオプションシートの要望がかなり多いはずなので、試乗車にもシートが各種用意してあると思いますから実際に体感して色々なシートを試してみることをオススメします。
3


2015-07-14(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


アクセス
プロフィール

おおくぼ

Author:おおくぼ
BMWのR1200RSに乗っています。

初期のブログ「MC放浪記K1200S編」はうっかり消してしまいました(^^;

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。