スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

バッテリー直の電源

納車直後にやってあったことなので今更なんだけど、ふと思い出して写真も撮ってあったので記事にしておこうかなと。
バッテリーの場所とか基本的な骨格はGSと共通なので、ヘラーソケットやコードなんかもそのままでRSに移植しただけ。
乗り換える度に毎回やってる作業だし、さすがに慣れた。
1


最近のBMWは車体の電気を確保するためにコンピュータが純正ソケットへの電気をカットしたりするので、純正以外にバッ直でソケット作っておくと色々役に立つ。

水冷シリーズのバッテリーは右足側のサイドカバーを開けると出てきて、パッと見はバッテリーを外さなきゃいけないように見えるんだけど、メンテナンス性を考えてあるのか車体の奥にあるプラス側を別端子で外側に作ってあるので、バッテリーを外さなくてもプラスとマイナス両方にアクセスできる。
2

これ作っておくとしばらく乗らなかったりしてバッテリーが弱ってきた時の充電もBMWの充電器を後付けのヘラーソケットから差し込むだけだからいちいちプラスマイナスに繋がなくていいし、純正ソケットでは電気を遮断されちゃう5Aオーバーの電熱ウエアとか空気入れも使えるから便利。
2015-09-19(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


アクセス
プロフィール

おおくぼ

Author:おおくぼ
BMWのR1200RSに乗っています。

初期のブログ「MC放浪記K1200S編」はうっかり消してしまいました(^^;

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。